アクツ津波シェルターでミサイルから生き残る

こんばんは、広報担当Yです。

北朝鮮が2カ月あまりの沈黙を破り、大陸間弾道ミサイルを発射しました。

日本の排他的経済水域内に落下したということで、日本人として激しい怒りを禁じ得ません。

漁を行っていたり海底資源の調査をしていたりする船もいるわけですから、

海に落ちたからよかったという話ではありません。

もし首都圏に落ちた場合、180万人が死傷するという報道もあります。

現状、日本はミサイルを迎撃できなかったら打つ手なし、北に報復攻撃ができるかすら怪しいという状況です。

国民には、自分で自分で自分を守れと言われているに等しいわけです。

 

そこで、私どもG&Bは何ができるかを考えました。

製作しているアクツ津波シェルターはもちろん津波被害から身を守るためのもので、

強化FRP製のボディは一定の衝撃に耐えられるのですが、

この中にさらに強度を高めるための素材を追加し、

核ミサイルの爆風や衝撃から身を守ることができるように、改良策を講じています。

津波から命を守るのが先か、はたまたミサイルから命を守るのが先か、どっちもあってほしくないことです。

悲しみのない未来を作るため、私たちはできることを精一杯に。

手を組んでいただける企業様や自治体様を探しています。